BeautyMagazine

40代になると悩む顔の乾燥!原因と化粧水選びのおすすめポイント♪

40代になると乾燥が気になる顔の肌!1日中潤いを保つためのおすすめポイント♪

40代になると乾燥肌や肌荒れ、吹き出物などの顔の肌の悩みが増えますよね。

「これまでにさまざまなスキンケア用品を試してきたけどよくならないので、本当に自分の肌に合うスキンケア用品・方法を知りたい」

「年齢を重ねるにつれてカサつきやごわつきが気になり始めたので、日々肌が乾燥しないよう保湿して、アンチエイジングに努めている」

「仕事と子育てで疲れ気味なので、お手入れがつい後回しになっている」

などの肌の悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

朝にスキンケアを行うので午前中は顔の肌が潤っていても、午後になると乾燥しはじめることも多いですよね。
また、スキンケア用品は値段を安く抑えたいと思い、プチプラでよい口コミの多いものを選んだり、スキンケア方法を複数試してみる方もいらっしゃいますよね。

しかし、ハリのある美肌になるためのおすすめは、
・化粧水の成分に関する知識を高めること
・化粧水を肌に負担がかからず安心なものに変えること
です。

化粧水の成分について詳しくなるためには、成分一覧表を見てどのようなものが含まれているかを確認することからはじめましょう。その上で、肌に負担がかからず安心な化粧水の中で特におすすめなのは、「天然由来成分でつくられた化粧水」です。

今回は、乾燥の原因と健康的な美肌を保つための化粧水選びのおすすめポイントや、「天然由来成分でつくられた化粧水」のメリットをご紹介します。ぜひ、ご自身の化粧水の選び方や、使用している化粧水と比べながらご覧ください。

 

年齢のせいではない「肌の曲がり角」!原因はいつものスキンケア

女性は20代後半~30歳くらいで「肌の曲がり角」を迎えるといわれています。実際にその頃になると、肌の内側からの乾燥を実感し始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。

多くの方はこれを「年齢のせい」と思うかもしれませんが、実はいつも行っているスキンケアが肌のお手入れになっておらず、むしろ肌に負担がかかっていることが原因で肌荒れに悩まされているのかもしれません。

特に化粧水は、洗顔後1番最初に肌に触れるスキンケア用品なので、肌のためだと思って使用していても実際は肌本来の働きを無視したものであると、肌に影響する可能性があります。そうなると、「肌の曲がり角」を迎える時期が早まり、徐々に肌のあらゆるトラブルを引き起こしてしまいます。

一般的に化粧水を選ぶときは、高保湿のものや肌によいといわれるもの、即効性や最新機能の成分を含むものなどを選ぶ方が多いのではないでしょうか。このような化粧水は、使用感や保存性がよくて短期的な変化をもたらすため、一時的に肌の状態やメイクの使用感がよくなるかもしれません。

しかし、成分数が非常に多く、肌には不要な成分もたくさん入っているものもあり、このような成分の過剰な働きかけが肌本来の力を妨げてしまいます。

例えば、
・副作用が懸念される薬に近い成分
・肌への負荷や刺激性の大きい化学合成成分
・アレルギーの危険性が高いとされる表示指定成分
などがあります。

このような成分には、肌本来の働きに逆らった強力な浸透力によって肌のバリアを壊すことで、角質層の内部に水分や有効成分を強引に入れているようなものもあります。
これは肌が潤っているかのように見せかけていながら、逆に肌に合わないくらいの強い刺激を与え、肌に負荷をかけてしまいます。

化学的な化粧水を使い続けていると、肌の働きは徐々に弱まってまたすぐに肌が荒れてしまい、いくらスキンケアをしてもよくならないという状況を引き起こしてしまいます。

むしろ、湿疹やニキビ、アトピー、皮脂を過剰に分泌したり逆に出さなくなったり、刺激に弱くてすぐに肌荒れを起こすような極度の敏感肌など、さまざまな肌トラブルの原因となり悪化してしまうこともあります。
その結果、肌の環境や仕組みを傷つけてしまい、長期的に肌の美しさが失われてしまいます。

一般的な40代の女性の肌はこのような状態が起きています。しかし多くの方はこれを年齢のせいだと思いこみ、さらに肌本来の働きを無視した化粧水を何種類も買ってしまいます。肌によいと思って使用している化粧水が、「肌の衰え」の原因になっているのは嫌だと思うのですが、実際に身に覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このようなことになってしまう理由は、肌に悩みがあるにもかかわらずこのことを理解している人が非常に少ないためで、それは消費者だけのことではなく、実は販売員や化粧品を製造している人さえも知らない場合が多いのです。
どこかで適切な化粧水を知ってこの悪循環をやめない限り、健康的な肌を手に入れることはできず、年月を重ねたときにより大きな差が生まれます。

多少のストレスには負けないしっかりした肌を手にいれたいならば、肌本来の働きを無視したその場しのぎの化粧水は使用しないようにしましょう。

 

化粧水選びのおすすめポイント!成分や配合に詳しくなり必要な化粧水を選びましょう♪

 

まずは成分一覧表を確認!成分の知識を高めて自分に合う化粧水に出会いましょう♪ 

皆さんが化粧水を選ぶとき、ポイントにするのはどこでしょうか。コスパや新製品であることも大切ですが、自分の肌に効果があるのかですよね。

化粧水の効能を説明するときに必ず出てくるのが、成分の名前と効果です。
世の中には非常に多くの成分が存在していて、植物由来だけではなく、合成成分もありますが、「合成や動物だから悪く、植物由来だから安全」ということはありません。成分によって効能や目的は異なり、効果の持続時間もさまざまです。他のものとの組み合わせで相乗効果を発揮することもあります。

また、肌質や肌の悩みは千差万別で、「似たようなタイプ」はあっても、1人として「同じ肌」であることはないため、どのような化粧水が自分の肌に合うかは人によって異なります。

よって、化粧水選びは試行錯誤する人が多いですが、化粧水の成分に関する知識があれば判断材料の1つになります。

化粧水選びの手間を減らすためにも、成分や配合について詳しくなり、自分の肌の悩みをきちんと把握して、必要な化粧水を選べるようになりましょう。

◆成分を知って楽しむ3つのPoint
①成分について詳しくなるために大切なことは、まず成分一覧表を見てどのようなものが含まれるかを確認することです。

②そして、その配合や利用法、添加物や化学成分、オーガニック情報、肌によいといわれる自然素材の効果、肌が本来持つ美しくなるための仕組みなどを自分で詳しく調べるとよいでしょう。

③詳しく調べてみると、そのブランドの成分や素材に対するこだわりや考え方、取り組みも知ることができるため、化粧水選びに役立ったり、化粧水選びの楽しみも広がります。

このように、成分の表示だけでは分からないような効果まで知ることで、心からよいと思える化粧水に出会える可能性はさらに高まり、日々の肌の状態に合うケアができるようになります。

自分に合う化粧水を使うために、まずは成分表示を調べることからはじめてみてはいかがでしょうか。

【乾燥肌・脂性肌・敏感肌・ニキビ】肌の悩み別に化粧水を選ぶ基準を知りましょう♪ 

自分の肌の悩みに合った化粧水を選ぶ際の基準が分かれば、迷う手間が省けて楽になります。
細かく見ていきましょう。

◆乾燥肌の方
まず、乾燥肌の方や、肌の表面は脂ぎっていても奥は水分が足りていないインナードライ肌の方は、水分と油分のどちらも足りていない状態です。

肌の乾燥が進むと皮脂不足による湿疹ができる原因になったりと、さまざまな肌トラブルの原因になるため、保湿力の高い化粧水が望ましいといえます。

肌のバリア機能も足りていない状態なので、保存料・防腐剤・アルコールが入っているものは刺激になる可能性があるので、避けた方が安全です。

◆脂性肌の方
次に、脂性肌の方は、皮脂が過剰分泌していて水分も油分も多く、炎症などのトラブルが起きがちなため、水分と油分のバランスを整えて、さっぱりとした使い心地ながらしっかり肌を潤してくれる化粧水を選ぶことで、脂っぽさがなくなります。

◆敏感肌の方
敏感肌の方は、肌のバリア機能が低下していて外部刺激に弱く、添加物などあらゆるものが刺激になる可能性があります。
そのため、成分がなるべく低刺激で肌への負担も少なく、しっかり保湿してくれるものを選ぶのがおすすめです。

◆ニキビ肌の方
ニキビに悩む方は、高い保湿力のあるものを選んだり、アルコール入りの化粧水は避けることを目安にしてみてください。

ニキビも含めて肌が荒れていると、何かを塗るのに抵抗を感じるかもしれませんが、保湿はしっかりと行いましょう。

大人の敏感肌だけではない!天然由来成分でつくられた化粧水は赤ちゃんにも安心♪ 

天然由来成分でつくられた化粧水は、健康や美容に気を使う方、産前産後で肌がゆらぎやすい方、においの強いものは苦手な方でも、とても安心して使うことができます。

また、くすみやトーンの気になる方、毛穴や吹き出物などの肌荒れに悩む方、皮脂不足トラブルを抱えやすい肌質の方には、このような肌の悩みや症状を徐々に改善できる可能性もあります。

そして、天然由来成分でつくられた化粧水は、肌に負担がかからず安心なため、大人の敏感肌だけではなく幅広い世代の方におすすめします。

赤ちゃんの頃から天然由来成分でつくられた化粧水を使用してスキンケアを行っていれば、大人になったときの肌にも大きく影響すると言われています。

赤ちゃんの肌はすべすべできれいに見えますが、実は肌トラブルを起こしがちで、感受性も大人の10倍といわれるほどとても繊細です。

どのような肌質の方もシンプルに、天然由来成分でつくられた化粧水を毎日のスキンケアに使用することで、健康的で若々しい肌を保ちましょう。

 

自分に合う化粧水を使用して肌の乾燥の悩みを解消しましょう♪

化粧水の成分に関する知識があれば、自分に合う化粧水に出会える可能性が高まります。自分に合う化粧水を使用してスキンケアを行うことで、長年の乾燥の悩みが少しずつ薄れていくため、スキンケアの時間がとても楽しくなりますよね。

特に、天然由来成分でつくられた化粧水を使用することで、肌が自ら潤って美しく整うようになります。
乾燥の原因になっている成分の入った化粧水を使っている方は、ぜひ今日から自分に合う化粧水に変えて、肌の乾燥の悩みを解消してみるのはいかがでしょうか。