HealthMagazine

リラックスして温めるハーブティー!1日1杯から温活しましょう♪

冬の時期!冷え性の悩みを抱えていませんか?

寒くなってきたこの冬の時期に気になるのが「冷え」ですよね。
多くの女性が冷え性に悩まされているのではないでしょうか。
冷えの原因は、血液循環の悪化やストレス、筋肉量の低下、ホルモンの乱れなどさまざまなものがあります。
この中でも、冷えの根本的な原因は血液循環の悪化です。
血液循環が悪いと手先や足先に血液が行き渡りにくくなり、冷えを感じやすくなります。
根本的に冷え性を改善したいと考えている方は、血流をよくすることが大切です。
そこで最近注目されているのが「温活」です。
暖房や防寒グッズに頼らず、根本的に冷え性を治すために体の芯から温める温活を始めましょう!

 

年代で違う冷えの原因!30代の冷えの原因はストレス!

①寒さ対策グッズ

冷えには様々な原因がありますが、実は年代によって主な原因も違います。

年代別に大きく分けると、20代・30代は「ストレス」、40代・50代は「内臓機能の低下」、60代以降は「筋力の低下」が冷えの主な原因です。

特に30代の女性は仕事や育児をしていて、その分ストレスも受けてしまい、冷えに悩む方も多いです。

冷えの対策として最近はヒートテックを着る方や、手先や足先の冷えに対して手袋をつけたり靴下を履く方は多いのではないでしょうか。

しかし、30代の冷えの原因は「ストレス」なので、冷え対策グッズに頼っても根本的に改善することはできません。

冷えの根本的な原因のストレスを減らすことが手足の冷えがなくなる体をつくる第一歩です!
ストレスをやわらげることで冷え性を改善しましょう。

 

30代女性はリラックス+温活がおすすめ!

②温活

冷え性にお悩みで、体を温めようといろいろなことに取り組んでいる方も多いのではないでしょうか。
また、体温を上げるためにどのようなことをおこなうとよいのかも気になりますよね。
おすすめの温活は「飲み物に気をつかうこと」です。
朝起きたら温かいものを飲んだり、冷たいものを飲まないようにするとよいでしょう。

温かい飲み物でよく取りいれられるのは白湯ですが、30代の温活ではストレスを減らすこととのセットで、より冷えの改善に繋がります。

ここでおすすめの温かい飲み物は「ハーブティー」です。

 

ハーブティーで癒しのリラックスタイムへ!

ハーブティーは飲んで美味しいだけではなく、リラックス効果があります。
お湯を注ぐだけなので毎日続けやすく、誰でもできる温活です。

ただ、ハーブティーはいろいろな種類があるため、どのようなものを選べばよいかが分からない方も多いのではないでしょうか?

温活という観点からみると体を温めてくれるしょうがやシナモンを含むハーブティーがおすすめです。

また、寝る前に飲む場合はノンカフェインのハーブティーを飲むようにしましょう。

そこでおすすめのノンカフェインのハーブティーは、「TEA BREWER」シリーズの「GINGER&LEMON(ジンジャー&レモン)」です。

有機ジンジャーや有機リンゴ、有機レモンを使用したほんのり甘めのフレーバーで、ティーバッグのように手軽でありながらポットと同じ要領で淹れることができて手間がかかりません。

こちらの商品はSENSEでも取り扱っています。

TEA BREWERジンジャー&レモン

TEA BREWER GINGER & LEMON

このように、ハーブティーはだれでも簡単に続けることができ、冷えの根本改善に効果的な温活です。

価格:486円(税込)
フレーバー:GINGER&LEMON(ジンジャー&レモン)
※ほかにテイスティーベリー、アールグレイのフレーバーのご用意もございます。

 

体の芯から温まるハーブティーで冷えを改善しましょう!

ハーブティーを飲むことは今日から始められる温活です。

朝起きてから体を温めるための1杯や、寝る前にほっと一息つくための1杯に、ハーブティーを飲んでリラックスタイムを満喫しましょう。

ぜひ温活にハーブティーを取りいれて、ストレスをやわらげ根本から冷えを改善しましょう。