LIFESTYLEMAGAZINE

今年の大掃除は楽にしたい!今からでも間に合う、日々の少しのプラス掃除でお家をキレイに♪

毎年やってくる大掃除の季節!日々掃除の積み重ねで楽にしませんか?

今年も大掃除の季節がやってきましたね。
「こんなに時間がかかるならもっとこまめに掃除しておけばよかった!」と思うことはありませんか?

日々少しずつ掃除するだけでも、大掃除はぐっと楽になります。
キレイな家で快適に過ごせるよう、日々掃除のコツをご紹介します♪

掃除のコツは、「溜めない!汚れない!汚さない!」

毎日部屋を掃除する方もいらっしゃるかもしれませんが、鏡についた水垢やコンロの油汚れなどを見つけても、こまめに掃除をするのが大変で放置していませんか?
いざ掃除をしようとした際になかなか落ちず、苦戦した経験は一度はありますよね。

汚れは放置する時間が長いほど、中に染み込み頑固な汚れとなり、その後の回復にかかる時間も全く異ってきます。
そうならないためにも、何かを汚してしまったり、毎日見ているもので汚れが気になり出したら、早めに掃除することでキレイな状態を保つことができます。また、そもそも汚れないようにする工夫も大事ですね。

掃除のコツである「溜めない」「汚れない」「汚さない」を意識し、楽してキレイな部屋にしましょう!

日々の掃除ポイントは、リビング・水回り・玄関♪

日々の掃除で特に強化するポイントは、リビング、水回り、玄関です。

これらの場所は生活するうえで常に使用するため、汚れが溜まってしまいがちです。
清潔な状態を保つためにも、日々の暮らしの中での隙間時間に掃除をしましょう!

ここからは、場所ごとの掃除ポイントをご紹介します!

■リビング

汚れが気になったら早めに、フロアワイパーで床掃除をするのがおすすめです。
掃除機をかけられない日でも、気がついたときにフロアワイパーをかけることで、ホコリを取り除くことができます。 これなら手軽に用意ができ、音の出る心配もないため、時間も気にせず掃除ができます。

また、掃除機をかけるときのポイントは、1度来た道は戻らないことです。
何度も同じ場所に掃除機をかけるよりも、1度全体に掃除機をかけてから気になるところはフローリングシートなどで掃除をする方が、全体的に清潔な状態を保つには効率的です。

■キッチン

キッチンは毎日使うので汚れも蓄積しやすく、特に調理後の油汚れを放置すると、後々取りにくくなりがちです。
汚れをその日のうちに拭き取れば簡単に落とすことができ、後で大掃除する手間も省けます。

まずガスコンロは、使用したすぐ後のまだ温かいうちに、キレイに掃除をしてしまいましょう!
例えば、料理中にコンロを油で汚してしまったときには、水拭きはもちろん、サラダ油を布につけて拭くとベトベト油も手軽に落とすことができます。 これは、同じ性質のものは混ざりやすいという特性を応用した掃除方法です。 残った新しい油はお湯で拭き上げるとキレイにとれるので、ぜひお試しください!

次にシンクは、食器を洗った後に一緒に洗えば、キレイな状態を保つことができます。
そして、三角コーナーや排水溝は食器と同じ汚れなので、食器用のスポンジとは別に掃除用のスポンジを用意してすぐに洗えば、簡単に落とすことができます。

また洗剤は、汚れの種類や状態によって使うものが違うので、汚れに合った洗剤を使うことが重要です。
例えば、キッチンの油汚れは酸性のため、酸性の汚れを中和分解させるアルカリ性の「重曹」が有効になります。
時間に余裕があるときは、コンロやシンクに重曹を粉のまま、まんべんなく振りかけてスポンジでくるくると円を描くようになで、水で流すと簡単にスッキリとキレイになります。

冷蔵庫の中も食材は1週間で使い切るなどルールを決めておけば、週に1度は冷蔵庫がスッキリし、気になるところを掃除しておけば常に中がキレイな状態を保つことができます。

■洗面台、トイレ

カビや水あかが気になる洗面台は、石鹸カスや皮脂が空中のカビ菌の栄養になり、繁殖して黒ずみになります。
キレイな状態を保つためには、栄養源となる汚れをこまめに除去しましょう。

例えば、100円ショップのメラミンスポンジを蛇口のそばにセットしておくと、いつでもサッと洗面ボウルをキレイにできます。 また、水だけで汚れを落とせるアクリルたわしもおすすめです。 飛び散った水をタオルで拭き取り、アクリルたわしや湿り雑巾で鏡や蛇口を拭くことで、キレイな洗面台に大変身します。

さらにトイレは1日数分、使用したついでに便座やタンクまわりをサッと拭き上げておけば、かなりスッキリします。 特に、流せるタイプのトイレクリーナーなら、気軽に使い捨てできるのでおすすめです。

■玄関

玄関は常に湿気を取り除き、乾燥させましょう!
玄関のにおいを防ぐには、下駄箱を蒸らさないことが大切です。 履いていた靴を脱いだら、消臭・除菌スプレーなどを吹きかけて、一晩おいてから下駄箱にしまいましょう。 日中外に干しておくのも効果的です。

また、湿気がこもるとカビやにおいの原因になります。 湿気を帯びた空気は下の方にたまるので、除湿剤は下側に置くのがおすすめです。
そして、濡れた傘を玄関に置きっぱなしにしたり、濡れたまましまったりせずに、しっかり乾かしてからしまいましょう。

意外なお掃除アイテム!日用品を上手に使うとキレイに♪

場所ごとの掃除ポイントをお伝えしましたが、意外な日用品を上手に併用することで、キレイな状態を継続させることができます。

■メラミンスポンジ

軽い汚れの場合はメラミンスポンジを使用することにより、洗剤がなくても汚れを落とすことができます。
頑固な汚れは洗剤と合わせて効果的に使いましょう。

■食品用ラップ・キッチンペーパー

壁や鏡などの縦になっている部分に洗剤をかけると、洗剤が垂れてしまって定着しないことがありますよね。 そんなときは、キッチンペーパーの上から洗剤をかけることで、定着させることができます。

ラップの場合はスポンジのように洗剤を吸収することがないので、無駄に洗剤をつける必要がありません。
シンクや鏡、ワイングラスなどの食器のように細かいものも拭くことができます。

■アルミホイル

アルミホイルで排水溝の雑菌が繁殖するのを防ぐ方法があります。
それは、排水溝に丸めたアルミホイルを入れておくことです。

これ1つでアルミホイルが水に触れると金属イオンを発し、殺菌作用により雑菌の繁殖を防いでくれます。

■重曹

重曹スプレーをつくることで、簡単に頑固な汚れをキレイにできます。
冷蔵庫や電子レンジの汚れを落ちやすくするほか、靴箱の消臭にも使用できます。

つくり方はまず、水100ccに対して、小さじ1の重曹の割合で溶かします。 40℃くらいのお湯を使うと溶かしやすいです。 そして、それをハンドスプレーの空容器に入れて使います。

また、電子レンジに汚れを放置してしまった場合は、コップに重曹水(コップ1杯の水に大さじ1の重曹)を入れて、電子レンジで3~5分加熱します。
その後、扉を閉めたまま30分ほど放置して、キッチンペーパーなどで汚れを拭き取れば、簡単に電子レンジや冷蔵庫の中がピカピカになります。

完璧すぎなくても大丈夫!日々掃除を負担に感じないようにしましょう♪

最後に、日々掃除は始めたときよりキレイになっていればよいので、継続するためには負担を感じないことが大切です。 日々掃除を継続するための大切なポイントとして、自分ルールを決めるのもよい方法でしょう。

例えば、毎日掃除する場所、週1回掃除する場所、月1回掃除する場所に分けたり、制限時間を15分と決めたりするのがおすすめです。
日々継続できるよう工夫をしながら、お家をキレイな状態に保ちましょう!