BeautyMagazine

もうすぐ夏本番!肌より大事!?髪の紫外線対策

肌と同じく髪も紫外線対策していますか?

夏にかけて髪の傷みが気になったり、カラーの色持ちが悪いなと感じたりしませんか?
日本で紫外線量が多いのは5〜9月。
この期間は、顔や体と同じく、髪も紫外線をあびてダメージを蓄積しています。
とくに、髪はほかのどの部位よりも太陽に近いので、紫外線のダメージを受けやすく、紫外線対策をせずにいると、髪はパサついたり、ツヤがなくなったりして傷んでいきます。
傷んだ髪の状態だと、実年齢より老けて見られてしまうことも。

では、髪のために、どんな紫外線対策をしたらいいのでしょうか?
今回は、具体的な紫外線対策の方法をご紹介します。

紫外線のダメージを受けた髪ってどんな状態?

髪が紫外線によってダメージを受けると、次のような状態を引き起こしてしまいます。

・ツヤがなくなる
・パサつく
・切れ毛や枝毛が目立つ
・髪の変色や、カラーの色持ちが悪くなる

髪の内側には、肌と同じようにメラニンがあるため、紫外線をある程度吸収することができます。
しかし、髪の表面を覆っているキューティクルにはメラニンが存在せず、内側に比べて紫外線の影響を受けやすくなっています。
そのため、キューティクルがダメージを受けると、髪のツヤが失われたり、手触りが悪くなったりしてしまうのです。

髪を紫外線から守る方法は大きく2つ!

肌と同じように、紫外線から守り、潤いのある髪をキープするにはどうすればいいのでしょうか?

帽子・日傘を使う

帽子は、髪だけでなく、頭皮や顔の紫外線予防にもなります。
なるべく髪の毛が帽子から出ないようにかぶるようにしましょう。
また、髪型を崩したくない方は日傘がマストアイテム。
日傘は遮光100%などUVカット効果が明記されているものがおすすめです。

髪用の日焼け止めを使う

肌の日焼け止めと同じように、洗い流さないトリートメントやヘアオイル、頭皮のUVケアもできるスプレータイプなど、さまざまなものがあります。
夏場は汗をかきやすいので、こまめにトリートメントやスプレーをすることで、紫外線予防効果が持続します。

とくに髪のダメージが気になる場合は、トリートメントタイプがおすすめ。
集中保湿ケアができるトリートメントもあるので、紫外線予防をしつつ、ダメージケアもできます。

一方、時間に余裕がない場合は、スプレータイプがおすすめ。
朝忙しいときでも、ササッと使えて便利ですよ。
さらにツヤ出し効果も期待できます。

必要に応じて自分に合ったものを見つけてみましょう。

紫外線のダメージを受けたら3つの方法でしっかりアフターケア!

ふだんは紫外線対策をしていても、うっかり忘れてしまって紫外線ダメージを受けることもあると思います。
そんなときは、早めにアフターケアをすることが大事。
以下の方法でぜひケアしましょう。

頭皮のクールダウン

日焼けして間もない頭皮は、熱がこもった状態です。
まずはクールダウンするためにも、冷やしたタオルで頭部全体を覆いましょう。

低刺激のシャンプーでヘアケア

ダメージを受けた頭皮は、非常に敏感な状態です。

刺激を与えて、髪の傷みや頭皮環境を悪化させないように、オーガニックシャンプーやシリコーンフリーシャンプーを使いましょう。 高保湿トリートメントで髪に潤いをプラス

ダメージを受けた髪は、キューティクルが剥がれて潤いを失いやすい状態です。
保湿力の高いトリートメントで髪に潤いを与えましょう。

その日のダメージは、その日のうちにケア!

いかがでしたか?
忘れがちな髪の紫外線対策ですが、ぜひ肌と同じくらい紫外線対策を心がけてください。
元気でツヤのある髪は、美しい印象と好感を抱かれます。
日々、髪も紫外線対策をしていきましょう。

なお、SENSEでは、紫外線でダメージを受けた髪のケアに効果的な低刺激のシャンプーを取り扱っています。
夏のヘアケアに欠かせない1本として、ぜひお試しください。

シャンプー グレープフルーツはこちら

シャンプー ラベンダーはこちら