HealthMagazine

今からはじめる夏対策!意外と知らない熱中症とは?〜原因編〜

夏の健康管理!熱中症に気をつけよう!

これから、夏に向けてどんどん気温が上昇していきますね。
暑い時期は、熱中症に注意が必要です!
そのためには、夏本番をむかえる前に、熱中症に対しての知識をしっかりとつけておくことが大切。
実は、熱中症にもさまざまな種類があるのをご存知でしょうか?
今回は、熱中症の原因や症状について具体的に説明していきます。

夏の時期に起こりやすい体の不調、熱中症とは?

高温多湿な環境下で起こる、さまざまな体の不調の総称を熱中症といいます。

熱中症は、大きく分けて2通りのメカニズムがあります。

まず、熱中症と聞いてすぐに思い浮かぶのは、大量に汗をかいて脱水症状になり、水分と塩分が体内から失われて起こるものではないでしょうか?
この状態になると、血液の流れが悪くなり、さまざまな症状を引き起こします。

そして、もうひとつがとても重要です。
人の体には、熱を産み出す働き(産熱)と熱を逃がす働き(放熱)があります。
この2つのはたらきが、バランスよく作用することで、体温を一定に調節しています。
ただ、高温多湿な環境では、体内に熱がこもりやすく、放熱がうまくできなくなり、体温がどんどん上昇してしまいます。
こうして、体温を一定に調節する機能(※)がはたらかなくなり、熱中症になるのです。
この状態では、自律神経や脳、臓器がダメージを受けて重症化しやすいです。

熱中症は、誰にでも起こりうるため、ふだんから気をつける必要があります。
また、万が一、熱中症にかかっても、重症化する前に未然に防ぐことが重要です。

(※)体温を一定に調節する機能とは
人は、食事や運動によって熱を生み出しています。
一方、放熱のメカニズムは大きく2つ。
1つ目は、体温があがると、血管を拡張させて、皮膚表面に多くの血液が流れます。
そうすると、血液のもっている熱が外気へ放出されて、体温が下がります。
2つ目は、汗をかいたときの気化熱で体温が下がります。
こうしたメカニズムによって体温が一定に保たれているのです。

どんな症状がでたら注意が必要?

熱中症と聞いて、思い浮かぶ主な症状は、ほてり、発熱、喉のかわき(脱水)、頭痛、倦怠感だと思います。
実は、ほかにもさまざまな症状があります。
重症度ごとに分けると下表のようになります。

重症度 症状 対応
Ⅰ度
(軽度)
めまい、失神、筋肉痛、筋肉の硬直、大量の発汗、喉のかわき 体の冷却や水分補給などの初期
Ⅱ度
(中度)
頭痛、気分不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感 初期対応で改善しない場合は、当日中に医療機関を受診する。
Ⅲ度
(重度)
意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温(40度以上) 早急に救急搬送し、病院で治療を受ける。

重症化すると、場合によっては命に関わる事態に。
とくに、小児や高齢者は、症状に対する感覚が鈍かったり、症状があってもそれを訴えることが難しかったりするため、より注意が必要です。
少しでもいつもと違うと感じたら、無理をせずに休憩をするか、受診をしましょう。

暑さだけじゃない!熱中症の原因はさまざま

熱中症の主な原因は暑さですが、ほかにも気をつけるべきポイントがあります。
(1)熱がこもりやすい環境!

高温多湿、日差しが強い場所、締め切った室内、エアコンのない部屋、風が弱い環境など

放熱が上手くできないため、体温が上昇しやすくなります。

(2)熱中症になりやすい体質&いつもと違う体の状態!

高齢者、小児、肥満体型、体調不良(睡眠不足、二日酔い)、脱水状態(下痢、インフルエンザなど)、低栄養状態、糖尿病や精神疾患といった持病など

温度変化に順応する力が弱く、体のバランスが崩れやすい状態です。

(3)過剰に熱を作り出す行動!

激しい運動、長時間の屋外作業、水分摂取をしないなど

産熱が放熱を上回る状況につながり、結果として体温が上昇します。

これらの要因が重なると、熱中症を引き起こす危険度が上がります。

また、意外なところでは、気温が低い日でも湿度が高いと熱中症にかかりやすくなります。
ほかにも、急に暑くなった日などは体が気温の変化に対応できず、熱中症の症状を引き起こしやすくなります。
これからの梅雨があける時期はとくに注意が必要ですね。

なお、総務省消防庁によると、2017~2019年の熱中症発生場所の3~4割が住居となっており、室内であっても十分に注意が必要です。
原因としては、室内でずっと過ごしていると、その環境に慣れてしまい、気温や湿度の上昇に気がつきにくくなることなどが考えられます。
そのほか、就寝中に冷房を使用しないことで室温が下がらず、また、就寝中は水分摂取もしないため、気づかないうちに熱中症を起こしているということもあるようです。

原因となる状況に気をつけて夏をむかえましょう!

熱中症の原因になり得る状態を、できるだけ避けることが、予防の第一歩となります。
ぜひ、自身だけでなく家族の健康も守りましょう。
次回は、これらの原因をふまえた上で、具体的な対応策と予防策についてご紹介します!