LifestyleMagazine

雑菌・カビとおさらば!梅雨の時期でもさわやかに部屋干しする方法!

部屋干しのにおいは、雑菌やカビが原因?

これからの時期は、部屋干しする機会が増えますね。
しかし、部屋干しをすると「部屋干し臭」が気になりませんか?

部屋干し臭の主な原因は、雑菌(モラクセラ菌)やカビです。
たとえば、モラクセラ菌は、人や動物の口や鼻などの粘膜にいる常在菌なのですが、この菌そのものがにおうわけではありません。
菌が洗濯物に付着し、増殖するとき、水分や皮脂を栄養として部屋干し臭の原因物質をつくるのです。

なお、部屋干し臭の原因菌は熱に弱いので、天日干しすれば撃退することができます。
一方で、梅雨の時期は、じめじめと湿度が高く、菌が増殖しやすい環境のため、においが発生しやすいのです。

ただ、これらの原因菌は、洗濯時や干すときのちょっとした工夫で防ぐことができます。
今回は、部屋干し臭を防ぐための洗濯のポイント、コツをご紹介します!!

はじめの一歩!洗濯前&洗濯時の注意ポイント!

菌の増殖は、洗濯後だけでなく、洗濯前からすでに始まっています。
とくに、汗や皮脂などが染み込んだ衣類は絶好の繁殖地。
濡れたものをそのまま洗濯かごにいれるのは危険です!
濡れたものは乾かしてから洗濯かごに入れるか、乾いているものと別の洗濯かごに入れましょう。
同じ理由で、洗濯機を洗濯かごとして代用することもやめたほうがいいです。

また、1回に干す量を減らすことで、乾きやすくなるので、こまめに洗濯機を回すことも大切ですね。

なお、においが気になるといって、洗剤を入れすぎると逆効果。
洗剤が溶けずに残ってしまい、汚れが落ちににくくなったり、すすぎ不足や槽内のカビの原因にもなります。
規定量を入れることで、洗浄力が最大限発揮されるように計算されているので、決められた量を使うようにしましょう。

ちなみに、お風呂の残り湯を使用することもおすすめしません。
残り湯には雑菌がたくさんいるためです。

時間とのたたかい!洗濯後のタイムリミットは5時間以内!

濡れている状態が一番危険なため、洗濯後は放置せずにすぐに干しましょう!
モラクセラ菌は、洗濯後、5時間経過した頃から爆発的に増殖するといわれています。
そのため、5時間以内に乾かすことができれば、においを防ぐことができるはず。

干したあとは、できるだけすばやく乾かすことがポイントです。
除湿機やエアコンの除湿機能、扇風機で空気を循環させたり、風通しの良い場所に干したりしましょう。

乾きやすいように干し方を工夫するのもコツのひとつです。
干し方について以下にいつくかまとめてみました。

空気にふれやすいアーチ干し!

洗濯物を、長いものや大きいものが外側、短いものや小さいものが内側になるように干します。
そうすることで、アーチ状になり、洗濯物の下に空間ができます。
空間ができると、風通しがよくなり、早く乾かすことができます。

長袖はお化け干し!

長袖の場合、腕の部分が胴体の部分にくっつきやすく、乾きにくいです。
そのため、腕の部分を別のハンガーにかけて、おばけの手のようにたらしましょう。

長いものはM字干しで!

バスタオルやシーツ、タオルケットなど長さのあるものは、干すときに2面がくっつきやすいです。
ハンガーを2つ使い、横から見てM字になるように干しましょう。
そうすることで、空気が全体に通りやすくなります。

ズボンは裏返して、筒干し!

ズボンは、ポケットや縫い目の部分がとくに乾きにくいため、裏返しにして空気が触れるようにします。
また、ピンチハンガーなど洗濯ばさみがたくさんついているハンガーで、筒状にして空気の通り道をつくりましょう。
洗濯後にひっくり返すと大変なので、洗濯前にしておくと簡単です。
デニムなどは色あせや生地のダメージ軽減にも効果的です!

熱によって菌をおさえるのもポイント!

部屋干し臭の原因菌であるモラクセラ菌は熱に弱く、60℃以上で除去することができます。
そのため、干す前にアイロンをかけることも効果的です。
半乾きなど、ある程度乾いた後では、菌は死滅しても、においの原因物質が残ってしまう可能性があるからです。
アイロンである程度乾かしてから干すことで、菌が発生しづらくなり、時間の短縮にもつながります。

浴室乾燥機や乾燥機があるご家庭は、ぜひ積極的に使用しましょう。

また、何度洗っても落ちないにおいには、煮沸消毒がおすすめです。
煮沸する際に、重曹を使用するとより効果的に!

ただし、素材によって注意事項があるので、ご注意ください。

・化学繊維やポリエステル、シルク、ウール素材は熱に弱く、縮み、変形の危険があるため、洗濯表示を確認しましょう。
・色落ちしやすいものは、色別で煮沸しましょう。
・重曹はアルカリ性のため、アルカリに弱いシルク、ウール、プラスチック製品は変形の危険があります。

洗濯機のお手入れでカビとさよなら!

洗濯機内のお手入れをして、カビを防ぐことも、におい予防になります。
掃除の頻度としては、できるだけ毎月、少なくとも2ヶ月に1回は洗濯機内の洗浄を行うようにしましょう。
ほとんどの洗濯機には、槽洗浄の機能がついているため、簡単にできます。
重曹や専用の洗たく槽クリーナーを使用し、洗浄するとより効果的です。
なお、市販のキッチン用漂白剤を槽洗浄に使用することもできます。
キッチン用漂白剤は低コストの上、他のお掃除にも使用できるためお得です!
(※使用する際は、洗濯機に使用できるかどうかを必ず確認してください)

また、洗濯直後や使用しないときは洗濯機の蓋を開けて乾燥させるようにしてください。
乾燥機能がついている場合は、洗濯機内を乾燥させて、カビが繁殖しないようにしましょう。

コツさえ知っていれば、部屋干しだってこわくない!

いかがでしたか?
ちょっとした工夫で、簡単に部屋干し臭を防ぐことができます。
梅雨の時期も洗濯を楽しく、快適にしましょう!