HealthMagazine

サプリメントの効果的な摂り方を知って、いつまでもキレイに健康的に♪

健康や美容のためにどんなサプリを摂っていますか?

今や当たり前のように使われているサプリメント(サプリ)
スーパーやドラッグストアに行くと、ビタミン、ブルーベリー、ヒアルロン酸、コラーゲン、ウコンなど、たくさんのサプリが販売されていますよね。
皆様のなかには、試しに摂ってみたり、継続的に摂ったりしているものも多いと思います。

最近では、体の内側からキレイにする「インナーケア」という言葉も耳にすることが多く、健康目的のサプリだけでなく、美容目的のサプリも多数販売されています。

でも、せっかく健康や美容のためにとり入れるのであれば、サプリのことをより深く知って、本当に自分に必要なものを選び、効果的に摂りたいですよね。

そこで今回は、自分に合ったサプリを選んで摂取できるよう、サプリの種類や摂取するときの注意点をご紹介します。

サプリは「ベース」「ヘルス」「オプショナル」の3種類♪

ひと口に「サプリ」といっても、実は役割や目的に応じて3種類にわけられるんです。
まずはどういった種類があるのかを見てみましょう。

ベースサプリメント

ベースサプリメントとは、体に必要な栄養分を補うサプリのことをいいます。
たとえば、ビタミンやミネラル、アミノ酸、食物繊維、必須脂肪酸(DHA、EPA)などが代表的な成分です。
どれも体の機能を維持するために必要な成分ばかりで、市販品では、マルチビタミン、マルチミネラル、オイル系サプリのような名称・ジャンルで販売されています。

ヘルスサプリメント

ヘルスサプリメントとは、健康維持や美容のためにとり入れるサプリのことをいいます。
必要な栄養分の不足している部分を補うベースサプリメントと異なり、ローヤルゼリー、プロポリス、コエンザイムQ10、大豆イソフラボンなど、体の気になる部分をサポートする成分が代表的です。

オプショナルサプリメント

オプショナルサプリメントとは、体調を整えるためにとり入れるサプリのことをいいます。
体の不調を感じている方を対象としていることが多く、ビルベリー、ハーブ、ウコン、イチョウ葉エキス、グルコサミンなどが代表的な健康素材としてあげられます。

つまり、足りない栄養はベースサプリメント、健康や美容のためにプラスして栄養を補いたい場合はヘルスサプリメントやオプショナルサプリメントを摂るようにすればよいというわけです。

足りないor補いたい栄養が何かを知りましょう♪

3種類のサプリのなかで、今のご自身にとって不足しているもの、あるいは、補いたいものは何でしょうか?

たとえば、日本人が全体的に足りていない栄養は、ビタミン、ミネラル、食物繊維の3つです。
理由は、これらの栄養を豊富に含んでいる野菜の摂取量が全ての年代で不足しているためです。
また、インスタント食品やジャンクフードなどの食べすぎも原因だといわれています。
ビタミンやミネラルは、体の機能を円滑にはたらかせるだけでなく、炭水化物や脂肪を消化するときにも使われています。
そのため、炭水化物や脂肪が多く含まれるインスタント食品などを消化するには、もともと摂取量が不足しているところに、さらにビタミン・ミネラルを消費してしまい、よりビタミン・ミネラル不足に。
ほかには、女性の場合、毎月の生理があるため、血液をつくるのに必要な鉄分も不足しがちです(生理については、「生理痛の対策は生活習慣と冷え症改善にあり!痛みをやわらげる3つの方法♪」もご参照ください)。

一方、補いたい栄養の代表は、女性であれば大豆イソフラボンやハーブがあげられます。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似たような構造をしていて、女性らしさを維持するためにとったほうがいいといわれています。
詳しくは、「いつまでも女性らしくいるために!女性の味方「大豆」をとり入れてみませんか?」をご参照ください。

ハーブは、生理や女性ホルモンのバランスの変化によって気分の浮き沈みなどがある女性におすすめです。
ハーブ特有の香りや味が、気持ちをリフレッシュするときのサポートになります。

サプリを効果的に摂るために注意するのは2点だけ!

サプリを効果的に摂るためにはどうすればいいのでしょうか?

注意していただきたいのは、サプリはあくまでもサポート役であるということです。
サプリは「健康補助食品」ともいい、その名のとおり健康をサポートする食品です。
つまり、ふだんの食生活で足りない栄養を補ったり、食事からは摂取しにくい栄養を摂ったりするのがサプリの役割ということ。
食事をとらずにサプリだけで生活すると、逆に体に悪い影響を与えることもあるので注意しましょう。

また、サプリの摂りすぎもよくありません。
ご飯を食べすぎるとおなかを壊してしまうように、サプリも食品の一種なので、摂りすぎると体によくありません。
パッケージに記載されている目安量を参考にして、適切な量を摂るように心がけましょう。

自分に合ったサプリを見つけて効果的に体のケアをしましょう!

いかがでしたか?
サプリは、役割や目的に応じて摂ったほうがいいものが変わります。
また、たくさんのサプリを摂るのもいいですが、自分の体に必要なものを知ったうえで選んだほうが効果的だといえます。
不足しがちな栄養を補うのか、美容や体の調子を整えるために栄養を摂るのか、自分に合ったサプリを見つけて体のケアをしましょう!