BeautyMagazine

もう肌荒れしない!乾燥肌、敏感肌の人が気を付けるべき2つのポイントとは?

肌荒れを起こしやすい?それ、乾燥肌と敏感肌が原因かもしれません!

「最近、肌荒れがひどくて…」と、肌の乾燥や赤み、かゆみ、くすみ、シミ、吹き出物など、肌に対する悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?
メイクで隠すのは大変ですし、すっぴんでもきれいだねといわれる肌を目指したいですよね。

そもそも肌荒れはなぜ起きるのでしょう?
いろいろな原因がありますが、そのひとつとして、肌の乾燥が進んだり、肌が紫外線やほこりなどの外からの刺激に敏感になったりすることがあげられます。

つまり、肌の乾燥が進んで肌の水分・皮脂が不足した状態である「乾燥肌」の人や、肌が外からの刺激を受けやすくなっている状態の「敏感肌」の人は、肌荒れを起こしやすい状態だといえます。

なぜ乾燥肌・敏感肌になるの?原因は〇〇〇機能の低下にあった!

なぜ乾燥肌・敏感肌になるのでしょうか?

それはズバリ、肌の一番外側にある角質のもつ、肌のバリア機能が低下しているからです。
バリア機能が正常に働いていると、肌内部の水分の蒸発を防いだり、紫外線やほこりなどの外からの刺激を防いだりすることができます。
逆に、バリア機能が低下すると、肌内部の水分が蒸発して乾燥しやすくなったり、外からの刺激を受けやすくなったりしてしまうため、乾燥肌・敏感肌の原因になるといえます。

肌のバリア機能はなぜ低下するの?

では、肌のバリア機能はなぜ低下するのでしょうか?

バリア機能の低下には、さまざまな原因があります。
たとえば、肌のターンオーバーの乱れ、紫外線によるダメージ、エアコンによる空気の乾燥、間違ったスキンケア・入浴などです。

肌のターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーの乱れは、ストレスや生活習慣の乱れなどによって引き起こされやすくなります。

また、女性の場合、生理に関わるホルモンバランスの変化によっても起こりやすいといわれています。
ターンオーバーのサイクルがはやまったり遅れたりすると、正常な角質がつくられにくくなるため、肌の水分が蒸発しやすくなり、バリア機能が低下します。

紫外線によるダメージ

紫外線を浴びすぎると、活性酸素が過剰に発生します。
活性酸素は、肌の深部にある真皮にまでおよぶと、真皮のヒアルロン酸などを分解し、バリア機能を低下しやすくするといわれています。
また、紫外線そのものが日焼けなど、肌にダメージを与えるので、肌が乾燥しやすくなったり、シミなどの原因になったりします。

エアコンによる空気の乾燥

エアコンは室内の空気を乾燥させやすくします。
とくに暖房は室内を高温低湿にするので、肌の水分も失いやすく、バリア機能が低下しがちに。
冷房の場合、空気の乾燥だけでなく、肌を冷やして血行を低下させやすくするため、冷え性持ちの方は肌にうるおいが届きにくくなり、肌が乾燥しやすくなります。

間違ったスキンケア・入浴

間違ったスキンケア・入浴法の例として、ナイロンタオルなどによる洗いすぎやこすりすぎ、洗浄力が強すぎるもので肌を洗うことがあげられます。
これらは肌に余分な負担をかけ、肌に必要な皮脂や角質を落としてしまい、肌のバリア機能を低下させることがあります。
また、高温のお湯に浸かったり、肌を洗ったりすると、肌から過剰に皮脂を奪ってしまいます。

今日からできる!肌のバリア機能を上げる2つの方法

肌のバリア機能の低下によって乾燥肌・敏感肌になるのであれば、肌のバリア機能を高めてあげればよいですよね。
では、どうしたら肌のバリア機能を高めることができるのでしょうか?
ポイントは「保湿」と「紫外線対策」にあります!

肌を保湿しよう!

肌のバリア機能を高めるためにもっとも大事なことは、肌を保湿することです。

敏感肌・乾燥肌の人は、肌への刺激が少ないオーガニック成分などを配合した洗顔フォームやボディソープ、石けんを使うのがおすすめです。
洗うときはこすり洗いをせず、肌に泡をのせてやさしくのばし、体温と近い温度のぬるま湯で流すようにしてみてください。

また、入浴後は肌が乾燥しやすいため、入浴後のケアも重要。
化粧水で肌にうるおいを与えて、美容液や乳液でうるおいを持続させ、保湿クリームで肌のうるおいを外に逃さないようにしましょう。

空気が乾燥しやすい季節は、部屋に加湿器をおいて、部屋にうるおいを与えることもポイント。 加湿器を選ぶ際は、部屋の大きさにあった加湿器を選ぶようにしましょう。

肌を紫外線から守ろう!

肌を紫外線から守ることも、バリア機能を高めることにつながります。
肌を紫外線から守るためには、日焼け止めや日傘を使う、帽子をかぶるなどの対策がおすすめです。

日焼け止めの場合、SPFやPAが高いものを使いたくなりがちですが、なかには肌への刺激が強いものもあるため、使い分けが大切です。
たとえば、夏場に屋外スポーツを楽しむ際など、長時間強い日差しを浴びる場所にいる場合は、SPFやPAの高いクリームタイプのものがおすすめです。
一方、冬場の日中など日差しが弱いときには、SPFやPAを抑えた肌への刺激が弱いローションタイプのものを使うとよいでしょう。

肌のバリア機能を高める習慣を身につけて、肌の悩みをなくしましょう♪

肌のバリア機能を高めることが、乾燥肌・敏感肌対策になり、肌荒れ対策にもつながります。
日々使っている日用品や、スキンケア方法などを見直すだけで肌のバリア機能を高めることができます。
ぜひ、乾燥や刺激に負けないきれいな肌をつくりましょう!