BeautyMagazine

エイジングケアの基礎は洗顔から!効果的に美肌を手に入れるための正しい洗顔方法について♪

年齢を重ねるごとに、スキンケアの効果を実感しづらくなっていませんか?

最近、スキンケアをしていてもあまり効果を感じられない、高価な化粧品を使っていても変化を感じにくい、なんてことはありませんか?

高価な美容成分も大事ですが、実は、正しいスキンケアを実践することがエイジングケアを行ううえでとても重要なんです。

基本的なスキンケアの要は、なんといっても洗顔!
洗顔は、メイクや顔に付着したホコリや花粉といった汚れなどを落とすだけでなく、古い角質や余分な皮脂を洗い流す重要なステップです。

間違った洗顔をしていると、肌に負担がかかり、肌荒れを起こすだけでなく、乾燥、しみ、しわ、毛穴の目立ちといった肌老化を引き起こす可能性もあります。
ぜひ、正しい洗顔方法を覚えて、いつまでも若々しい美肌をキープしていきましょう。

①化粧をかならず落とす!

化粧をした日は、かならずクレンジングを使って落としましょう。
日焼け止めだけを塗った日であっても、かならずクレンジングをするようにしてください。
化粧や日焼け止めを落とさないで寝てしまうと、汗と皮脂の混ざった顔料が長い間肌に残り、肌にダメージを与えるので、肌の老化を進ませる原因になります。

なお、クレンジングや洗顔をゴシゴシ行うと、しみやしわなどの原因になるため、できるだけやさしく肌に触れるように洗いましょう。
とくに、目の周りの皮膚は敏感なため、専用のアイメイク落としを使うこともオススメです。
また、石けんオフコスメを使えば、クレンジングを省くことができるので、こちらも参考にしてみてください。

②洗うときはぬるま湯で!

熱いお湯は、肌にダメージを与えるだけでなく、肌から必要な皮脂も奪ってしまうため、肌が乾燥する原因となります。
一方で、冷水では毛穴が開ききらず、十分に汚れを落とせないということも。
そのため、洗顔をするときには、30~33℃くらいのぬるま湯が適しています。

③洗顔料は逆さにしても落ちないくらい泡立てる

洗顔料をしっかり泡立てましょう。
手を逆さにしても落ちないくらいまで泡立てるのがベストです。
上手に泡立てるのが難しいという方は、市販の泡立てネットを使ってみましょう。
ゴシゴシ洗いは、必要な皮脂まで落としたり、摩擦によって肌トラブルの原因になってしまったりするので、泡を顔の上ですべらせるイメージで、やさしく洗うのがポイントです。

④1回の洗顔で30回以上すすぐ!

洗い残しがあると、肌荒れやくすみの原因になります。
1回の洗顔で30回以上、丁寧にすすぐようにしましょう。
とくに、生え際やあごの下などはすすぎ残しが多い箇所なので、要注意です。

また、ついシャワーですすいでしまうという方もいらしゃるかもしれませんが、シャワーの場合、水圧で皮脂を落としすぎてしまったり、毛穴がたるみやすくなったりするなど、顔のたるみやしわといった肌トラブルの原因になります。
面倒だと感じても、必ず手で丁寧にすすぐようにしましょう。

⑤柔らかいタオルでやさしく拭く

すすぎ終わったあと、タオルでゴシゴシ拭くのはNG。
柔らかいタオルでやさしく、肌をぽんぽんと押すように拭きましょう。
使いこんで古くなったタオルは、目が粗くなって肌を傷つけたり、吸水力が落ちてしっかり水分をとれなかったりするため、定期的に新しいタオルに取り替えるようにしましょう。

正しい洗顔で、効果的に美肌を手に入れましょう!

いかがでしたか? 日々行っている洗顔を見直すだけでも、しっかりエイジングケアができて、透明感のある美肌を手に入れることが可能です。

正しい洗顔で素肌美人になりましょう!