HealthMagazine

簡単&効果的!理想のボディラインを手に入れるには?~運動編~

理想のボディラインをつくるにはどんな運動がいい?

ホットヨガやフィットネスジム、サイクリング、水泳などさまざまな運動が流行っている中、「理想の体をつくるには何をすればいいのかわからない!」という方は多いのではないでしょうか?

そもそも、ボディメイクの目的によって選ぶべき運動は異なります。
運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類あり、体重を落としたいなら有酸素運動、太りにくくしたいなら無酸素運動がオススメです。

理想の体にするために、どのような運動が最適なのか、それぞれの効果をお伝えしていきます。

有酸素運動=効果的に脂肪を燃やし体重を落とすことができる

有酸素運動とは、酸素を使って脂肪を燃焼させて、そのエネルギーで筋肉を動かす運動のことをいいます。
たとえば、ウォーキングやジョギング、水泳など長時間継続して行う運動がこれにあたります。
長時間継続して運動することで、効果的に脂肪を分解してエネルギーを作り出すため、体についた余分な脂肪を落としやすくすることができます。

また、長時間運動すると体温が上昇するので、脂肪がより燃焼しやすくなります。
少し汗ばむくらいまで運動を続けるのが、効果的に脂肪を燃焼させる目安です。

無酸素運動=太りにくい体をつくることができる

無酸素運動とは、酸素を使わず、糖をエネルギー源として利用し、筋肉を動かす運動のことをいいます。
短距離走やバーベルなどを使った筋力トレーニングなど、短時間に強い力を発揮する運動がこれにあたります。

有酸素運動に比べ、運動中の消費カロリーは多くありません。
しかし、無酸素運動で筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がるので、脂肪を燃焼しやすくなり、太りにくい体をつくることができます。

組み合わせることで、より効率的に理想のボディラインに!

有酸素運動と無酸素運動のそれぞれの効果を簡単にお話しましたが、ボディメイクはこの2つを組み合わせると効果的です。
もちろん、どちらか一方でもボディメイクはできますが、時間がかかったり、効果が不十分だったりしかねません。

しかし、この2つを組み合わせると、効率よく理想の体に近づけることができます。

つまり、有酸素運動で余分な脂肪を落としながら、無酸素運動で筋肉量と基礎代謝量をアップさせることで、ボディラインにメリハリをもたせることができるのです。
簡単にできるオススメの無酸素運動と有酸素運動の組み合わせを2つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)スクワット(無酸素運動)× ウォーキング(有酸素運動)

内容:スクワット10回×3セット、ウォーキング20分
ターゲット部位:太もも・おしり
最も消費カロリーの高いトレーニングの1つで、下半身の筋肉の強化と脂肪の燃焼を効率よく行うことができます。

(2)腹筋(無酸素運動)× 踏み台昇降運動(有酸素運動)

内容:腹筋10回×3セット、踏み台昇降運動20分
ターゲット部位:おなか・太もも・おしり
踏み台昇降運動は、体幹トレーニングにも適した運動です。
そのため、ダイエットだけでなく、体幹とおなか周りをトレーニングすることで、姿勢の改善や便秘解消といったメリットもあります。

簡単でシンプルなトレーニングで最大限の効果を!

いかがでしたか?
有酸素運動と無酸素運動にはそれぞれメリットがあり、組み合わせることで相乗的に効果を得られます。
効率的に理想のボディラインを手に入れるために、ぜひとり入れてみてください。