HealthMagazine

いつまでも女性らしくいるために!女性の味方「大豆」をとり入れてみませんか?

女性ホルモンと大豆は大事!

女性の心と体の健康には、女性ホルモンが大きく関わっています。
しかし、ホルモンバランスが崩れるとさまざまな不調が現れやすくなります。
そのバランスを整える味方となってくれるのが大豆食品。
今回は、女性ホルモンと大豆の関係、大豆を日常生活にどうとり入れるかについてご紹介します。

女性に必要なホルモン物質「エストロゲン」

女性ホルモンには、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

女性ホルモンの分泌量やそのバランスは、年齢だけでなく、月単位でも変化します。

そして、生活リズムが不規則だったりストレスを感じたりすると、ホルモンバランスは比較的簡単に崩れてしまいます。

とくに、エストロゲンは、肌や髪のハリ・ツヤをキープしたり、生活習慣病から身を守ったりするなど、女性の美と健康には欠かせない役割があるため、何らかの原因でエストロゲンの分泌量が不足すると、不調が起きやすくなるのです。

なお、40歳を過ぎたあたりから、卵巣機能が低下し始め、エストロゲンの分泌量は徐々に減少していきます。

いわゆる「更年期」を迎えるこの時期は、ホルモンバランスが急激に崩れる期間なので、さまざまな症状があらわやすくなるとされています。

女性ホルモンの助け舟となるのが大豆のチカラ!

そんな女性ホルモンのはたらきをサポートしてくれるのが大豆です。
大豆は「畑の肉」と呼ばれるくらいタンパク質を豊富に含んでいます。

また、体内では合成されない必須アミノ酸がバランス良く含まれており、食物繊維やビタミンも含んでいるので、非常に栄養価が高いのです。

とくに、女性ホルモンに深く関係するのが大豆イソフラボン。
大豆イソフラボンは、エストロゲンと似たはたらきをするため、女性ホルモンが減少していく40代後半の女性にはぜひとっていただきたい成分です。

普段の生活に大豆をプラスするオススメ習慣

では、毎日の生活に大豆をとり入れるにはどうしたらよいでしょうか。

おすすめは、大豆の加工食品。
豆腐や納豆、湯葉や豆乳などを食卓にプラスすることで手軽に大豆をとることができます。

①みそ汁を飲もう!

大豆といえば、真っ先に思いつくのがみそですね。
一日一杯、みそ汁を飲むことで効果的に大豆をとることができます。

また、ワカメや根菜類を入れて味のバリエーションを増やすことで、一杯でたくさんの栄養をとることもできます。
毎日作るのが大変という方は、市販のインスタントみそ汁もおすすめです。

②ソイプロテインをとろう!

自分で調理するのも手間に感じてしまうときは、ソイプロテインをとるのもおすすめです。

ソイプロテインは、大豆から油脂を絞ったあとに、タンパク質を取り出したもので、アスリートの方はもちろん、女性にも人気の高いプロテインです。
パウダータイプのものは、水に溶かすだけで簡単に摂取できるので忙しい朝などにオススメです。

また、ソイプロテインを使ったダイエットバーなども発売されています。

日常に大豆を取り入れていつまでも女性らしい生活を!

いかがでしたか。
健康管理の基本は栄養バランスの良い食事ですが、ぜひ普段の生活に大豆をとり入れることを意識して、ホルモンバランスと上手に付き合う生活をしていきましょう。