HealthMagazine

むくみの原因を知ってむくみ知らずな体に!気軽に毎日できる解消法はこちら♪

多くの女性が経験する「むくみ」。どうしたらいいの?

 

夕方になると足がだるかったりストッキングがきつく感じたりする、お酒を飲んだ次の日は顔がパンパンになっているetc…誰しもが一度は経験する「むくみ」。

人によっては、頻繁にむくんでしまうこともあります。

 

むくみの原因のひとつが長時間同じ姿勢を続けることなのはわかっているし、むくんだ場所をマッサージしたり温めたりするのがいいと知ってはいるものの、どうせならむくみ知らずな生活を送りたいですよね。

 

実は、むくみのメカニズムをちゃんと知ることで、日常生活をどのように変えればむくみにくい体になるのかわかるんです!

しかも今日から実践できることばかり…!

 

ぜひ生活にとり入れて、むくみ知らずな体を手に入れちゃいましょう!

 

むくみの原因は水分バランスと筋肉

「むくみ」と聞くと、なんとなく「体の中の水分がたまる」というイメージをもつ方が多いと思いますが、なぜむくみが起きるんでしょうか?

 

また、「むくみといえば女性」と考える方も多いはず。

確かに男性で「足がむくんだ」という話はあまり聞かないですよね?

 

この2点がむくみを知るうえでとても重要なんです!

 

水分バランスの乱れがむくみを起こす

人の体の約60%は水分でできています。

この水分の内訳は、血液やリンパ液、消化液などがありますが、むくみに関係するのが「細胞外液」。

細胞と細胞の間を満たしている水分のことをいい、血液中の水分が血管外へ染み出ることでつくられます。

 

細胞外液は、食べ物の栄養を細胞に届けたり、細胞でできた老廃物を血液やリンパ液に戻したりするはたらきがあり、血液やリンパ液が体内を循環するときに、いっしょに細胞外液も入れかわって体内を巡ります。

こうして、体中の水分バランスを保っているわけです。

しかし、血行不良などで血流が悪くなると、血管外へ染み出る細胞外液の量も増えます。

細胞外液が増えすぎると、血液に戻るキャパを超えてしまうので、その場所にとどまり続けることになります。

これがむくみが起こるメカニズムです。

 

とくに手足のように心臓から遠い位置は、血流が悪くなりがち。

さらに、長時間同じ姿勢でいると、余計に手足に水分がたまってしまい、結果的にむくみやすくなるんです。

 

また、水分バランスを乱す原因として水分・塩分・アルコールの摂り過ぎストレス、生理・妊娠・更年期のホルモンバランスの変化などもあげられます。

 

(1)水分・塩分・アルコールの摂りすぎ

水分の摂りすぎはなんとなくイメージできますよね。体内の水分量が余分に増えるので、むくみやすくなります。

塩分(食塩など)を多く摂ると、体内の塩分濃度を薄めようとして体が水分をためこむようにはたらくので、むくみやすくなります。

アルコールの場合は、利尿作用で水分不足になるため、飲酒後は大量の水分を欲します。そうすると、必要以上に水分を摂取することになるので、結果的にむくみやすくなります。

 

(2)ストレス、生理・妊娠・更年期のホルモンバランスの変化

ストレスやホルモンバランスの変化は、自律神経を乱しやすいです。自律神経が乱れると、血行が悪くなりやすく、それによってむくみが起こります。

 

筋肉量が少ない女性はむくみやすい

むくみやすいもうひとつの原因が筋肉量

たとえば、足がむくむ方は非常に多いですよね。

足は心臓からもっとも遠い位置にありますし、血液が心臓に戻るときにいちばん重力の影響を受ける場所でもあります。

足から心臓へ血液が戻るときに重要な役目を果たしているのが足の筋肉

足を動かすことで、筋肉がポンプの役割をするので、それで血液がスムーズに心臓に戻るわけなんですが女性は男性よりも筋肉量が少ないので、ポンプとしての機能は弱い傾向にあります。

すると、足の部分に水分がたまりやすくなるので、むくんでしまうわけです。

 

むくみ解消にはたんぱく質、ビタミン、ミネラル

むくみのメカニズムや原因がわかったので、次は解消方法です。

 

まずは食事から見ていきましょう。

 

むくみの原因として、

・塩分の多い食べ物

・アルコール

が水分バランスを乱すわけですから、これらを控えるのがポイントですね。

 

といっても、それだけでむくまなくなったら苦労はしません。

ふだんから水分バランスを整える食事を心がけたいですよね。

そこで大事なのが、たんぱく質ビタミンミネラルの3つ。

 

(1)たんぱく質

血液中に含まれるたんぱく質成分は、血液中の水分を血管内に留めるはたらきがあるといわれています。

たとえば、過度なダイエットで食事を抜いたりしていると、たんぱく質不足になってむくみやすくなるかもしれないので、たんぱく質はしっかり摂りましょう。

 

(2)ビタミン

とくにビタミンB1が不足するとむくみやすくなるので、ビタミンB1を積極的に摂りたいものです。

米ぬかや小麦胚芽、ヒレ肉などに多く含まれるとされています。

 

(3)ミネラル

塩分(ナトリウム)や水分を排泄するカリウムや、利尿作用のあるマグネシウムなどを意識して摂るようにしましょう。

きゅうりやすいか、バナナなどにカリウムが多く含まれているほか、マグネシウムは海藻類に多く含まれています。

 

オフィスでできる簡単エクササイズ

むくんでしまってから解消させようとしても、なかなか難しいものです。

そのため、むくむ前(朝や日中)にしっかり対策をして、夕方になってもむくまない体にしてしまいましょう。

 

オフィスワークで長時間座り続けることが多い方は、こまめに席を立って少し歩くなどがおすすめですが、その場にいつづけないといけないときもありますよね。

 

そんなときは、いすに座りながらできる簡単エクササイズをして血流を良くさせちゃいましょう。

 

方法は簡単。

① いすに座った状態で、かかとをあげる

② かかとを床につけると同時につま先をあげる

③ ①と②を繰り返す

 

たったこれだけで、足先やふくらはぎが動かされるのでむくみにくくなります。

 

手がむくみやすいという方は、定期的に手を握ったり開いたりするだけでも効果抜群です。

 

ほかにも、ウォーキングや水泳などで筋肉をつけたり、血流を良くするために手足を温めたりする根本解決方法もありますが、一朝一夕で解決するものではないので、気長に行うようにしましょう。

 

むくみ知らずでキレイに軽やかになりましょう♪

いかがでしたか?

むくみの原因を知れば、対処方法もたくさん出てきます。

今回ご紹介した以外に、生活リズムの改善や冷え症を治すなどもありますが、どうせなら気軽に行えるもののほうが継続しやすくていいと思います。

 

ぜひ、日常生活にとり入れて、むくみ知らずで朝も夜も体軽やかに過ごせるようになりませんか?