Magazine

秋の日帰り女子旅!食欲の秋に関東近郊で旬のフルーツ狩りを楽しむには♪

秋の日帰り女子旅にピッタリ♪旬のおすすめフルーツ狩り4選&長持ちする保存方法

 

夏の暑さもすっかり身を潜め、まさに行楽シーズンですね。

「食物の秋」といわれるように、秋は実りの季節!

今のシーズンにおとな女子が気軽に楽しめる、おすすめのフルーツ狩りスポットと、食べ頃のフルーツを収穫するポイントや栄養価、持ち帰ったフルーツを長持ちさせる保存方法もご紹介します。

 

 

今からでもまだ間に合う梨狩りスポット!「いわふねフルーツパーク」

 

梨狩りの時期は、種類にもよりますが8月下旬~11月上旬がピークで、今はシーズンオフ間近です!みずみずしくて果汁がこぼれるようなジューシーな梨はおいしいですよね!

栃木県にある「いわふねフルーツパーク」では11月中旬まで梨狩りが楽しめます。

60分食べ放題で、今が旬の「にっこり梨」が1個お土産でついてきます。

 

≪スポット紹介≫

場所:いわふねフルーツパーク

体験料金:1500円~

営業時間:AM10:00~10:30、PM13:00~13:30 ※予約制

定休日:月曜日(祝祭日の場合、営業)

住所:〒329-4308 栃木県栃木市岩舟町下津原1585

アクセス:東北自動車道 佐野藤岡インターから車で5分

 

≪見分けるポイント≫

美味しい梨は、やや平たくて、重みがあります。

そのなかでも、軸がしっかりとついていて、干からびていないものを選びましょう。

 

≪梨について≫

梨の80%は水分です。

ビタミン類はあまり含まれていませんが、アミノ酸のひとつであるアスパラギン酸や、脂肪の消化を助ける酵素プロテアーゼが含まれているので、夏バテ回復、解熱効果、消化促進におすすめです。

 

梨のみずみずしさを保つには、乾燥させないことが大切!

袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に入れておくと1週間近く美味しい状態で保存できます。

冷やし過ぎると甘みが薄れてしまうので、食べる1時間前に冷やすのがおすすめです。

冷凍保存には向きませんが、冷凍する場合は、レモン汁を少し加え、ピューレ状にして、ジップロックなどに入れて冷凍しておきましょう。

シャーベット、スムージーとして楽しめます。

また、梨に含まれるプロテアーゼは、お肉を柔らかくする作用もあるので、しょうが焼きなどのお肉料理に使うと相性バツグンですよ。

 

野菜・食育ソムリエから豆知識を聞きながら、かき狩りが楽しめる!「鈴木園」

 

神奈川県茅ヶ崎市にある「鈴木園」では、低樹高栽培を行っているので小さいお子様や高齢の方でもフルーツ狩りを楽しめます!

 

食べ放題ではなく、もぎ取りのみになり、11月からは、キウイフルーツ狩りもできます。

近くの茅ヶ崎里山公園には、BBQや滑り台、トランポリンで遊べる広場があるので、お子様連れにおすすめです。

 

 

≪スポット紹介≫

場所:鈴木園

体験料金:1kgあたり250~650円(入園料は無料)

 

営業時間:10:00~15:00

定休日:月曜日

住所:〒253-0008 神奈川県茅ヶ崎市芹沢308

アクセス:JR茅ヶ崎駅北口よりバスで【小出二本松】下車 徒歩15~20分

駐車場:あり

 

≪見分けるポイント≫

美味しい柿を選ぶときのポイントは「ヘタ」と「実の色」です。

ヘタは、果実に張りつくように隙間のないもので、4枚揃っていて、緑が残っているものを選びましょう。

実の色は、全体がしっかりと濃いオレンジに色づいているもので、手に持って重みを感じるもの、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

≪柿について≫

柿にはミネラルやビタミンなどの栄養が豊富に含まれています。

特にビタミンCは、柿1個で一日の必要量をまかなえるほどです。

疲労回復やかぜの予防、二日酔いなどに効果があるといわれています。

 

柿は常温で置いておくと2~3日で柔らかくなりますが、袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存すると1週間ほど長持ちします。

また、ティッシュやコットンでヘタを湿らせることでも長持ちします。

冷凍保存する場合は、皮もヘタもついたまま冷凍します。

食べるときは半解凍して、ヘタが付いている上の部分を切り、スプーンなどですくって食べるのがおすすめです。

なお、そのまま食べても美味しいですが、柿の持つ甘さをいかして、サラダやマリネとしてアレンジするのもおすすめです!

 

道の駅から直結でみかん狩り!「道の駅富楽里とみやま」

 

千葉県の南房総にある「富楽里とみやま」では、道の駅の中でみかん狩りが体験できます。

食事処もあるので、みかん狩りのあとにお昼ご飯や地元の特産品なども買うこともできますね。

近くにある牧場のスイーツなども堪能できます!

 

 

《 スポット情報》

場所:道の駅富楽里とみやま(ハイウェイオアシス富楽里)

体験料金:400円(園内30分食べ放題)※持ち帰りは別料金

 

営業時間:7:30~18:00

定休日:食事処のみ水曜日

住所:〒299-2214 千葉県南房総市二部2211(旧住所:千葉県南房総市二部1900)

アクセス:富津館山道路 鋸南・富山ICより

駐車場:あり

 

≪見分けるポイント≫

やや平たくて、全体がオレンジ色、皮にツヤと張りがあるもの、重みがあるものを選びましょう。また、ヘタの部分が小さい方が美味しい傾向にあります。

 

≪みかんについて≫

みかんはビタミンが豊富で、2個で1日分のビタミンCを得られます。風邪予防、疲労回復などにおすすめです!

みかんは冷蔵庫には入れず、風通しが良い冷暗所で保管するのが最適です。

そのままでも十分美味しいですが、搾ってジュースとして楽しんだり、シャーベットにしても美味しいです。

また、鳥のみかん煮など、料理にも活用できますよ!

 

りんご狩りと一緒にパフェ・ジャム作りも体験出来る「原田農園」

 

りんごは11月~12月が旬なので、これから収穫のピークを迎えます。

雑誌やインターネットで調べても、りんご狩りが体験できる施設がたくさんあり、迷ってしまいますよね。

そこで、おすすめするのが、「原田農園」です。りんご狩りも楽しみつつ、旬のフルーツを使ったパフェ作りやジャム作りが体験できる点がおすすめです!

 

 

≪スポット情報≫

場所:原田農園

体験料金:500円~(食べ放題)※食べ放題+持ち帰り:1500円~2000円

 

営業時間:9:00~17:00(最終入園時間16:00)

定休日:なし

住所:〒378-0002 群馬県沼田市横塚町1294

アクセス:JR上越新幹線・沼田より関越交通定期バス(川場循環線)でバス停「下組」下車

 

≪見分けるポイント≫

全体がしっかり色づいてて、大玉よりも中玉、枝が干からびてなく、重みがあり、香りが強いものを選びましょう。

 

≪りんごについて≫

りんごには、クエン酸やカリウム、皮の部分にはポリフェノールが多く含まれます。疲労回復や、肩こりなどに効果があるといわれています。

りんごは保存性の高いフルーツなので、冷暗所で新聞紙などで包んでおいておくだけで1ヵ月位は保存できます。

冷凍保存する場合は、ピューレやジャムにすると良いです。

サラダに入れて味を引き立てるのもおすすめですよ。

友達や家族で楽しい休日を!

 

いかがでしたか。どのフルーツ園に行っても友達とワイワイ話しながら、楽しめますね!持ち帰ったフルーツを子供のお弁当に入れたり、ママ会でデザートにしてふるまったりもできそうです。

 

採れたてのフルーツを食べるだけでなく持ち帰ってからも楽しいという、1度で2度おいしいフルーツ狩り体験。

自分で採ってきたからこそ、旬のフルーツがさらに美味しく感じると思うので、ぜひ、今度の休日は旬のフルーツ狩りの女子旅に出かけてみてはいかがですか。